Make your own free website on Tripod.com

3DMax
zbrush 逆引き辞典

ZBrushとは

「形状をモデリングする」のではなく、「描くことによってモデリング」できるソフト。2.5次元、2.9次元ペイントソフトとも。製作した形状はUVマップ付きで3dsMAXなどの他の三次元ソフトにエキスポートできる。



誰もが最初に描く画像

ワークスペースに描いたものをすべて削除する
以下のいずれか。

  1. Layer>Clear

  2. Document>New Document

  3. Preferences>Init ZBrush
1.はEdit Modeではできない。

 

X、Y、Z軸の方向
ローカル座標系: ツールをワークスペースにドラッグする時に、どの方向にマウスをドラッグするかによって決まる。上下にドラッグすると、 Xは左右、Yは上下、Z軸は画面に向う方角となる。

上の図は、ワークスペースでツールを上下にドラッグしてオブジェクトを作った場合のジャイロ。ピンク色がX、青がY、黄色がZ。

 



オリジナルパレットを作る
方法: 左右のパレットの各エレメントをCtrl-ドラッグでワークスペースに配置する。


カスタムパレット

いくつかのルール

  1. ワークスペースにドラッグする時、既存のカスタムパレットに近づけると自動的にドッギングする。

  2. パレット化できるエレメントと出来ないエレメントが存在する。

  3. カスタムパレットからエレメントを削除するには、削除するエレメントをCtrl-クリック

  4. ワークスペースにドラッグし、既存のパレットにドッギングする時、マウスボタンを離す前にShiftキーを押した状態にすると、既存のパレットのエレメントとの間にスペースが生じる。論理的にエレメントを分類する時に使う。

  5. カスタムパレットのタブの色(上の図では)を変更するには、そのパレットをクリック、Colorパレットで適当な色を選択し、Preferences>Interface>Colorize

  6. Tabキーを押すと、すべてのパレットが画面から消える (PhotoShopのパレットと同じ)。

  7. Altキーを押しながらカスタムパレットのエレメントをクリックすると、そのエレメントが存在するディフォルトのパレットを、画面の左右いずれかに表示する。(既にそのパレットが開かれている場合、縮小して画面上部に収納される。もう一度カスタムパレットのエレメントをAltキーを押しながらクリックすると、そのパレットが画面の左右いずれかに表示される。)

カスタムパレットを保存するには、Preferences>Config>Store Config (ショートカットはCtrl+Shift+I)。この操作によってユーザーが作成した設定は、ZCfg150.cfg (150はバージョン番号)としてZBrushのトップディレクトリに保存される。

ユーザーが変更した状態を、ディフォルトの設定に戻すには、Preferences>Init ZBrushもしくは、Preferences>ZRestoreInit ZBrushは、ディフォルトに戻し、現在作業中のデータも消去する。ZRestureは、現在作業中のデータを残したまま、インターフェースをディフォルトに戻す。

※複雑なパレットを作りStore Configすると、次回起動する時アプリケーションエラーを起こすことがある。(version1.51)

 

ZScript
ディフォルトでは、ユーザーの操作はすべてZScriptとして記録されている。(Preferences>ZScript>Auto record)

これをファイルとして保存するには、ZScript>End Recをクリック、ファイルディレクトリダイアログが表示されるので、適当な名前を入れてSave。

ZScriptのPlayの速度が速すぎる時は、ZScript>Replay Dalayで時間を調整する (100以上の数値としないと見た目の速度は変わらない)。

ZScriptをロードするには、Shift-Ctrl-L

Play中のZScriptを止めるには、Escキー

 

オブジェクトのエキスポート
Tool/Inventory/Export

UVマップ付きでobjフォーマットで出力。
もしくはDXF。
ポリゴンはQuadとTriangleが選択できる。

※3dsMAXのOBJ2MAXでインポートすると、鏡像になってインポートされる。
※Tool/Inventory/ExportのFlpをオンにしてエキスポートするとポリゴンの裏表が反対になる。

 

テクスチュアのエキスポート

テクスチュアは、Texture/Export
psd、bmpで出力。

 

ポリゴン数を増やす

ポリゴンを分割するには、 Tool/Modifires/Deformation/Divide

Cntlキーを押しながらマスキングし、特定の部分のポリゴンを増やすこともできる。

 

はじめて作った耳