Make your own free website on Tripod.com

3DMax
3dsMAX逆引き辞典

なぜこのサイトを作ったか

Maxを購入して約一ヶ月、簡単にできると思ったのに予想外にてこずりました。わかってみるとどうってことないのですが、わかるまでに時間がかかったのです。MAXが難解に感じるとすれば、次の4つの理由が考えられます。

 

1. 奇怪な日本語訳

「範囲外のタイプのパラメータ曲線」は誰にも理解できないでしょう。「頂点数」は頂点の数を表示するオプションではなく、「開始フレーム」はアニメーションとは無関係です。ひとつひとつの誤訳は些細でも、積もり積もって使いにくさとなっていると思います。AutoDesk Japanには異常にMAXに詳しい人がいるので(あたりまえですが)、是非見直して欲しい部分です。

 

2. 簡素化するマニュアル

これは英語版にもいえることですが、マニュアルがバージョンを追うごとにリファレンス化して、以前のマニュアルのように使いたい機能から逆引きすることが難しくなっています。概念的な説明が短いので、いきなり4.0からはじめるのは時間がかかると思います。

 

3. MAX独自の概念

すべての三次元ソフトを使ったわけではありませんが、MAXはかなり独特だと思います。モデラーを、彫刻系、スプライン系、ブロッブ系と分類するなら、MAXはデータフロー系です。MAXに接するまで私はこんな三次元ソフト見たこともありませんでした。

 

4.機能がゲロのように広がっている

MAXはゲロ」と書くと本気で怒る人がいるんですが、やっぱり、ゲロです。スクリプトでゲロ成分を増やせるあたりも、まさにゲロです。

 

MAXが難しいとすれば、こんな理由からです。