Make your own free website on Tripod.com

3DMax
3dsMAX逆引き辞典

セルフイルミネーション

ShaderのBasic Pramaterによる設定と、Mapロールアウトによる設定が可能。
MapロールアウトのIllumiation mapが使用されている時、Basic Parameterの設定は無効となる。Basic Parameterの設定方法は次の通り。

1. Color
Basic Pramaterself IlluminationColorをオンにすると、そこで指定した色はDiffuse colorとミックスして使われる。
すなわち、Diffuse Colorのみでself Illuminationを行う場合、Colorチェックボックスはoffにしなければならない。通常はOFF。

2. スピナ
self Illuminationのスピナは、白から黒までのグレーの階調をIllumination mapで用いていると考える。すなわち、スピナの値が0である場合、真っ黒なbit mapをIllumination mapで使用するのと同じであり、self Illuminationは行われない。
値を100に近づけるほど、Iluumination mapで白に近いbit mapを用いているのと同様の効果となる。

 

ランプの表現

1.擬似的な発光(古典的方法)

Self-Illuminationの設定のみで表現。Mapsパラメータは一切使っていない。
設定は以下の図のとおりシンプル。 2-Sided、Self-Illumination、Opcacity、Falloff。Advanced TransparencyのTypeをAddtiveとすることで発光を表現している。 上のレンダリングでは光源を設定していない。

一番簡単な設定。Mapsの設定なし。

 

2.実際に発光させる(トランスルーセンシー)

Omniライトをランプの中に入れている。
床と帆船にランプのフレームの影が落ちている。
光源は他に使用していない。

Translucencyというフリープラグを使用。設定は次の通り。

 

Self-IlluminationにTranslucencyのプラグを使用。
このプラグはアンビエントの設定のみであり、上図ではディフォルトの黒を使用。

Front: Sideのグレーのカラーでランプの明るさを調節。

Omniライトの設定は上の図をクリック。