Make your own free website on Tripod.com

3DMax
3dsMAX逆引き辞典

レイトレース

バージョン2.0から加わった機能。それまでMaxはスキャンラインレンダラーしか持っていなかった。
MaxのRayTraceの設定はレンダラーでなく、材質で行う。すなわち選択的RayTraceであり、オブジェクトの必要な部分のみかけることが可能。設定は、マテリアルエディタで行う。
次の三種類がある。

  1. ReyTraced map
  2. ReyTraced material
  3. ReyTraced cast shadow

ReyTraced materialは、材質(マテリアル)としてのレイトレース。マテリアルエディタで設定する。反射の回数、屈折の度合いもレンダラーでなく、マテリアルエディタの設定。

ReyTraced mapは、マテリアルの中で使われるマップの種類。マテリアルエディタで設定する。他のマッピング要素と混在して使用し、より複雑な視覚効果を出すためのもの。


ReyTraced cast shadowは、キャストシャドウを作るためのレイトレーサーで、これのみライトのルートスタックで設定する。(キャストシャドウを参照。)

サードパーティのレイトレーサーを使用することも、もちろん可能。