Make your own free website on Tripod.com

3DMax
3dsMAX逆引き辞典

Piranesiとの連携

MAXで作った形状データをPiranesiで使用するには、Piranesi付属のVeduteでも可能だが、MAX用のPiranesiプラグドイン、Saveepix.bmiを/3dsmax4/pluginsフォルダにドロップすることでも可能。この場合、形状データではなく、MAXがレンダリングした画像がepx拡張子で保存され、そのままPiranesiで開くことができる。Saveepix.bmiはPiranesiの本国サイトでダウンロード可。

Saveepix.bmitが出力するexpフォーマットはZ-Bufferを使用するので、通常の方法でファイルをPiranesiフォーマットで保存しようとすると、「Z-Bufferがない」と表示され、画像出力できない。

これを防ぐにはビデオポストでZ-Bufferを加えるか、Renderingメニュー、Render...Render OutputFilesをクリック、ファイルタイプでexpを設定し、何らかの画像名を入力、Render output Fileダイアログを閉じる。

この状態でレンダリングすると、Z-Buffer付きの画像がexpフォーマットによって保存される。